『お客様インタビュー vol.2』

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は、実際にご相談を受け入居となった方のご家族(以下A様)にインタビューを行わせて頂きました!

A様のお母様は2021年1月から住宅型有料老人ホームへ入居されることになりました。「自分の親なのでできるだけ自分が面倒をみたい」と考えていたA様がどのようにしてお母様を施設にあずけるに至ったのか、その経緯をお聞きしました。

■入居前にどんなことに困っていましたか?

母は、一人暮らしだったのですが「昨日食べた物を忘れてしまう」ような状態になり、心配でしたね。

元々、母は父と夫婦二人で暮らしていたのですが、父が5年ほど前に他界して、それからずっと一人暮らしをしていたんですよ。

なんとか一人暮らしで頑張って過ごしていたのですが、やはり段々と認知症が進んでいきました。最初は「年相応のボケかな」と思っていたのですが、昨日食べた物どころかさっき食べた物も忘れてしまうようになったんですね。

大事に至らなければいいなぁ、なんて思っていたところ、自宅でつまづいて膝を痛めてしまったんです。その痛みを2、3日我慢していたら、全身に痛みが広がって緊急搬送で入院することになりました。

その後転院をして「これからどうしようか」という時にグループホームに入る話も出て見学もしたんです。けれど、母は「入るのは絶対嫌だ」と言うんですね。なので、施設への入居はいったん保留にして私が母を引き取って面倒をみることにしたんです。

その後ケアマネージャーからショートステイの紹介を受けて、私の仕事中に利用することにしました。けれど、昨年12月に母がショートステイを利用中に骨折してしまい、また入院になったんです。 自分の親なので、なんとか頑張って面倒をみたい、と思っていた矢先のことでした。

■そこで、どう行動されましたか?

「これからまた車椅子生活だね」なんて話していたところ、山梨老人ホーム紹介センターの担当の方から住宅型有料老人ホームを紹介していただけました。

認知症の母は、自宅や私の家、そして病院とあちこち環境が変わってしまいさらに認知症が進んでいたんです。

骨折したことがきっかけで「ずっと暮らせる施設に入るしかないね」ということで母の入居を決めました。

入居までに、担当の方には結構迷惑をかけてしまいましたね。内輪でもめてしまい、担当の方がたくさん考えてくださり、相談にのってくださいました。

■山梨老人ホーム紹介センターを利用されてよかった点はどのようなことがありますか?

やはり、すぐに入居先が見つかったことですね。

普通であれば、入院先の病院から施設へ入るには空き状態を待たなければならないですよね。ましてや有料老人ホームというところはすぐすぐ入れるものではないでしょう。

待ち時間なく、退院と同時に施設に入所できるようにしてくださったことが何よりも良かったと思っています。

■入居後の生活はどうですか?

実は、コロナウイルスの感染者が増えたことで母が入居してすぐに面会ができなくなってしまったんです。母には全然会えない状態になっています。

会えないので心配に思う面もありますが、母は「家に帰りたい願望」が強い人なので、会わない方がいいのかなと思うんですよね。

私と会えない間に施設の方としっかりコミュニケーションを取って、施設での生活に慣れてくれるといいなと思います。

■入居して改善されたことやよかったことはありますか?

母と離れることでお互いのぶつかり合いがなくなったことがよかったですね。

私は今まで「母のために」という感じで、老人ホームへは入所させていなかったんです。私が仕事の日はショートステイへ母を預けて、金曜から日曜日まで私の自宅へ連れて帰って母を見守る生活だったんですよ。けれど、やはり少しずつ認知症が進んでいきました。 私のいうことを母が聞いてくれなくなり、教えてあげたことが全然できなくなり……。そのようなことが多くなってしまったんですね。

母が自宅にいない時は私も気持ちが休まるのですが、仕事の疲れもあって一度ストレスが大きくなってしまったんです。そして母に言わなくていいことを言ってしまって……。 そんなやりとりが昨年12月に頻繁にありました。

施設へ入居することになって、お互いのぶつかり合いがなくなったのが良かったことですね。やはり離れていることで母へ優しい言葉をかけてあげられるんです。

一緒に暮らしていると、息が詰まっちゃうんですね。これは、実際に介護をしてみないとわからないことですよね。 最初は「私が母の面倒をみるから」なんて言ってしまってね。「自分の親だから仕方ない。乗りかかった船だ!」と思いながらやっていました。けれど、うまくいかなくて。

自分の中で葛藤があって「どうして私のいってることをわかってもらえないんだろう」なんて泣いたこともあったんです。母も「どうして私のことをこんなにいじめるの」って泣いてましたね。

施設に頼って、自分と親が離れたことは結果的にお互いのために良いことでしたね。頼ることは大事だなと思います。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, アンケート, 新着情報, 老人ホームの生活 パーマリンク