『お客様インタビュー vol.3』

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は、実際にご相談を受け入居となった方のご家族(以下A様)にインタビューを行わせて頂きました!

A様のお父様は埼玉県で一人暮らしをしていましたが、2021年11月中旬から山梨の施設に入居することになりました。 埼玉から山梨の施設へ入居することになった経緯をA様にお聞きしました。

■入居前にどんなことに困っていましたか?

父が埼玉県で一人暮らしをしていたので心配でした。

去年(2021年)の3月に母が亡くなりまして、そこから父の一人暮らしが始まりました。

一人だとどうしても食事の管理や体力的な問題が大変だったようです。 元々母の具合が悪く、父が面倒をみている生活だったんです。

母が亡くなったことで、父はやりがいがなくなってしまったんですね。生きる気力を失ったようでした。 母が亡くなり生きがいのない状態で、父は半年ほど一人でなんとか生活していました。

けれど、ある日父は倒れてしまったんです。酔っ払って転んでしまったことが倒れた原因でした。

一人暮らしで食事もあまりしなくなってしまって、父はお酒を飲むようになりました。酒に溺れた、という言い方はなんですけども……、あまり酒を飲まなかった父が飲むようになってしまったんですね。

父は耳が遠いことを気にして、人付き合いもあまりありませんでした。誰かと話しているときに、聞こえづらくて聞き返すことが相手にとって失礼だと思っていたようです。人付き合いや趣味がないなかで孤独になりお酒に走ってしまったようですね。

倒れたので一時的に入院になり、そこで先生が検査をしてくれて軽度のアルコール依存症であるとわかりました。

それもあって退院するとまた同じことを起こすだろうから「施設に入ることをお勧めします」と先生から言われたんです。

「施設が見つかるまで入院を継続しましょう」と病院から言ってもらえて助かりました。

■そこで、どう行動されましたか?

病院の方で施設を紹介してもらえたのですが、そこの会社が東京だったので私も山梨から電話でやりとりしているだけではよくわからなかったんです。

父も埼玉にこだわりがないようだったので、私が住んでいる山梨で探すことにしました。

そこで、私がスマホで検索して”山梨老人ホーム紹介センター”を見つけたんです。

施設に入ることに対して、父は「周りに迷惑をかけるくらいなら」という諦めの気持ちがあったようです。元々、母が亡くなって父が食事をあまりとらなくなった頃に「施設に入ろうか」という話はしていました。

けれど父も最初の頃は「自分でできる」と断っていました。しかし、母が亡くなって2、3ヶ月たった頃に父の具合が悪くなったのでショートステイを利用したんです。それをきっかけに「一人で生活するのはキツイかな……」と父も話し始めたんですよ。

しかし、その頃は父もまだ多少元気だったので、また一人で生活することになったんです。

その後、9月に怪我をして入院となり、いよいよ1人の生活では安心できないなと思うようになったみたいですね。

■山梨老人ホーム紹介センターを利用されてよかった点はどのようなことがありますか?

元々私が施設について全然わからない状態だったんです。

老人ホームといってもいろいろな種類があるじゃないですか。なにもわからない状態のなか、施設の種類やシステムについて導入から説明してくださったので、すごく安心できました。

「施設にはこういう種類がある」「こういう方向けにこんな施設がある」と、説明がわかりやすくて、安心して任せられました。

■入居後の生活はどうですか?

生活が改善されましたね。おかげさまで、1番心配していた食事もしっかり食べているようです。

入居して3ヶ月になりますが体重も随分増えましたね。それから一人暮らしをしていた頃に比べて歩けるようになってきたこともよかった点です。

食事をするにしても、お茶の時間に集まるにしても、自室から出ていくことになりますから。部屋にこもりっきりにならず、歩く回数が増えますよね。 私が施設の方にお願いして、なるべく歩く生活になるようにしてもらったんです。

入所するときに「食堂に近い部屋」と「食堂から一番遠い2階の部屋」が空いていたので、父に歩いてほしくて遠い部屋を選びました。

コロナ禍でなかなか面会ができません。しかし施設の方も親切でよくしてくれて、父は「食事がおいしい」というので安心しています。

■入居して改善されたことやよかったことはありますか?

父に関しては、本人が安心して生活できるようになったことと、健康になったことですね。

私に関しては、父が埼玉で一人暮らしをしていた頃よりも心配がなくなったことです。今までは父が埼玉にいたので、なにかあっても駆けつけるまで2〜3時間かかってしまったんですね。

山梨の施設に入所した今は、なにかあったときも20〜30分で駆けつけられますから。すごく安心感があります。

父にとっても私にとってもお互いに安心して生活できる部分が多くなりましたね。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, アンケート, 介護保険, 介護施設, 住宅型有料老人ホーム, 新着情報, 老人ホームの生活 パーマリンク