施設入居後、福祉用具のレンタルはできるのか?

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は、施設入居後に福祉用具のレンタルができるのかどうかについてお伝えします。

■施設入居後に福祉用具のレンタルはできる?

入居後に福祉用具のレンタルができるかは、施設により異なります。

福祉用具は介護保険サービスにより1〜3割でレンタルできるので、経済的な負担が軽くなります。施設入居後も、介護保険を受けて福祉用具をレンタルしたいところですよね。

しかし、施設の種類により、介護保険での福祉用具のレンタルができないことがあります。ご家族が入居される施設で福祉用具のレンタルができるかどうかは、確認しなければわかりません。

施設入居前の見学時や、相談時に聞いてみることをおすすめします。

■福祉用具をレンタルするメリットとは?

レンタルのメリットは、容態に合わせて用具を変更できる点です。

要支援度・要介護度により、適した福祉用具は変わります。 体の状態があまり変わらず、長い間同じ福祉用具を使うこともあれば、容態の急変により短期間で福祉用具を変えることもあるでしょう。

レンタルであれば、そのときの状態に合わせて1番適した用具を使えます。

■福祉用具をレンタルするデメリットとは?

福祉用具のレンタルに介護保険が適応されない場合、レンタル代は10割負担です。

10割負担でレンタルし長期的に使用するのであれば、購入した方がいいかもしれません。

■福祉用具をレンタルする以外の方法は?

福祉用具を購入して使用する方法もあります。購入の場合のデメリットは費用の負担が大きいこと、容態によりどのくらいの期間使用するかわからないことです。 しかし、購入することにより、納得できる商品を選び、レンタル品のように返却することを意識せずに気兼ねなく使える点がメリットです。

施設入居後に福祉用具のレンタルができるかどうかは、まず入居する施設の方に確認してみましょう。その後、レンタルするか購入するかは状態に合わせて決めることをおすすめします。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, 介護保険, 介護施設, 新着情報, 老人ホームの生活 パーマリンク