介護施設に持ち込めるもの、入居時に介護施設へ持っていくもの

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

介護施設への入居が決まると、荷造りなどの準備が必要ですよね。

入居は「引っ越し」といえる移動ですが、どのようなものを持ち込んだらいいのでしょうか。

今回は施設へ持ち込めるものについて紹介します。

■施設に持ち込むべきもの

施設に持ち込むべきものは、入居する方の容体や施設により多少異なります。

しかし、以下のものはほとんどの方が必要とするものです。忘れずにチェックしておきましょう。

・保険証(健康保険証、介護保険証、身体障害者手帳など)

・普段着

・パジャマ

・肌着(下着、オムツ)

・防寒着

・靴下、スリッパ

・洗面用具

・歯みがき用品(入れ歯用口腔ケア用品)

・タオル

・トイレットペーパー、ティッシュ

基本的に身の回りの衣類や生活用品は用意すべきと考えておきましょう。

■あると便利なもの

・タンス、衣装ケース

・趣味の道具

・テレビ

あらかじめ部屋に押入れなどの収納があっても、タンスなどがなければ整理整頓が難しいので大きさを確認して持ち込みましょう。また、施設内で楽しめる趣味の道具を持っておくといいですね。テレビを持ち込む場合は、テレビ線があるか、配置したい場所に置けるかなどを先に確認しておきましょう。

■持ち込み不要なもの

・介護用品 (介護ベッド、車椅子、歩行器など)

施設によりますが介護用品はレンタル利用ができたり、あらかじめ施設に用意されていたりします。レンタルできるか、自己負担はいくらかなどは先に確認しておきましょう。

■施設に持ち込めないもの

・火器類(電子レンジ、ライター、ろうそく、線香など)

・刃物

・自転車、車

基本的に、多くの施設で発火するおそれのあるものや、刃物の持ち込みが禁止されています。入居される方や施設の安全のために持ち込まないようにしましょう。

今回紹介した持ち込めるもの、持ち込めないものリストは一般的な内容です。施設により詳しい内容が異なるので、先に確認しておくと安心ですね。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, グループホーム, ケアハウス, サービス付き高齢者向け住宅, 介護付き有料老人ホーム, 介護施設, 住宅型有料老人ホーム, 新着情報, 老人ホームの生活 | コメントする

『利用者様インタビュー vol.13』

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は、実際にご相談を受け入居となった方のご家族(以下A様)にインタビューを行わせて頂きました!

A様のお母様は福祉サービスを利用しながら1人暮らしをしていましたが、脱水をきっかけに病院へ入院されました。病院から突然退院日を告げられたA様。退院までの日数は2週間しかありません。短い期間の中で、どのように施設探しをされたのでしょうか。

A様にお話をお聞きしました。

■入居前にどんなことに困っていましたか?

新型コロナウイルスの影響で、母が入院している病院とコンタクトが取れない状態でした。そのような中、突然退院するように伝えられたのです。

ちょうど、介護認定の結果が出ていないタイミングだったので、母の介護度もわからず困ってしまいました。さらに、ケアマネージャーさんが変わったタイミングでもあり、どなたが母のケアマネさんなのかわからず、という状態です。

「介護施設は待ち時間が長い」とよく聞きますよね。病院からは「1人暮らしは無理だろう」と伝えられて「じゃあ、どうしたらいいの」と困ってしまいましたね。

■そこで、どう行動されましたか?

新しいケアマネさんとは、顔合わせもしないまま電話でやり取りをしました。

「入りたい施設に心当たりはありますか」と聞かれたのですが、全然考えていないことですから。 母は入院までは要支援2でサービスを受けながら1人で暮らしていたので、わたしは母がそこまで悪くはなっていないと思っていたんです。

心当たりがないことを伝えると、ケアマネさんが「山梨老人ホーム紹介センター」を紹介してくださいました。

■山梨老人ホーム紹介センターを利用されてよかった点はどのようなことがありますか?

施設探しがスムーズに進み、本当にありがたいことばかりでした。

山梨老人ホーム紹介センターに伺って、次の日にはもう施設の見学の予約をしてくださいました。

施設探しをしているときは、まだ介護度がわからない状態だったんです。ですので「要介護2のときはこちら」「要介護3のときはこちら」というようなかたちで候補を出していただきました。

母が入院していた病院の相談員さんとも直接話をしていただいたようです。相談員の方から「おそらく要介護3なのでは」というお話があったので、要介護3見込みで施設探しを進めていきました。

正直なところ退院までの期間があるので、手探り状態で焦りもありました。そのような中で、紹介センターの担当の方のサポートは至れり尽くせりで大変ありがたかったです。

要介護3見込みで施設探しを進めましたが「もし要介護2だった場合」のことも考えて、そうなったときに退院日を延ばしてもらえるように、病院の方ともやり取りをしてくださいましたね。

契約の手続きをわたしの兄にお願いしたのですが、そのときにもまだ結果が出ていない状態でした。いよいよ契約をするというときに改めて市役所に電話をして「施設の契約をする」といった理由を説明して細かいことを伝えたんです。

そしてようやく「介護度の数字は伝えられないけれど、今の状態ならその施設には入居できる介護度です」と教えていただけて安心して契約に進めましたね。

■入居後の生活はどうですか?

母が施設に入居して、ちょうど1週間後くらいから新型コロナウイルスの影響で面会禁止になってしまいました。とりあえずは元気に過ごしているみたいです。

母はコミュニケーションアプリのLINE(ライン)が使えるんですよ。耳が遠くて、母とは電話ができないので、手段として文字でやり取りできるLINEを覚えてもらいました。「施設の様子はどう?」と送ると「まぁまぁだよー」などと返ってきますね。

母は「自宅に帰りたい」とは言わないのです。自分自身で「自宅での生活は難しい」とわかっていたのかもしれません。

脱水症状で倒れて、体に力が入らなくなった部分もあると思うんですよ。それで退院後は施設へ、という話になったので。

まだ入居して2か月弱ですので、これから施設の暮らしや施設のスタッフの方との生活に慣れていってほしいですね。

■入居して改善されたことやよかったことはありますか?

山梨老人ホーム紹介センターのサービスを利用しなければ、いまだに施設を探してさまよっていたかもしれないです。本当にありがたい、の一言ですね。

施設を紹介してくれるサービスをしている会社があるなんて、いままで知りませんでしたから。1人で施設探しをしていたら、施設の空きが出るのをずっと待っていたかもしれませんし。

もしかしたら、母を「とりあえず」で施設に入れて、またそこから違う施設に変わって、といったことをしていたかもしれません。母はその都度移動することになりますし、わたしもその度に手続きをすることになりますから大変ですよね……。

いまはそのような不安はないので、とてもよかったです。「介護度がわからない」「急に退院」といった状態の中、サービスを利用できてこれだけ早く施設が見つかり、そして入居できたのはすごいことだと思います。本当に助かりました。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, アンケート, 介護保険, 介護施設, 利用者様インタビュー, 新着情報, 特別養護老人ホーム, 老人ホームの生活 | コメントする

介護施設に職員さんはどれくらいいるのか?

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

「入居する家族のことをしっかり見てもらえるだろうか」と、介護施設にどのくらい職員がいるのか気になりますよね。

今回は、介護施設の人員配置についてご紹介します。

■介護施設の人員配置には決まりがある

まず、介護施設には人員配置の決まりがあり、介護職員、看護職員など最低限配置すべき職種・人数の基準が設けられています。

人員配置基準により職員が在籍しているので、施設により大きなかたよりがあるということはありません。

■介護施設の種類により、人員配置が異なる

介護施設には、グループホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設などさまざまな種類があります。

施設により特徴が異なるため、職員の配置基準も異なります。

たとえば介護老人保健施設では、医師による医療ケアもおこなうため、医師を1人配置する基準があります。逆に医療サービスをしないグループホームでは医師の配置基準はありません。

入居者にとって1番接点の多い介護職員(または看護職員)の人員配置は、入居者3人に対し1人であるのが基本です。

ただし、24時間常に3人に対し1人の職員が配置されているわけではありません。 夜間など時間帯によっては1人の職員が3人以上を介護する場合もあります。

時間帯による人員配置は施設に直接確認するのが安心です。

■施設にはどのような職員がいるの?

介護施設には以下の職員が在籍しています。

・介護職員 入居者の生活全般をサポート

・看護職員 入居者の健康面をサポート

・ケアマネージャー 入居者のケアプランを作成

・生活指導員 施設の利用相談や生活の相談を担当

・機能訓練指導員 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など。主にリハビリをおこなう。

前述のとおり、施設によっては配置されていない職種もあるので、気になる点は入居前や施設見学の際に確認しておくのがおすすめです。安心して任せられる施設探しを進めていきましょう。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, グループホーム, ケアハウス, サービス付き高齢者向け住宅, 介護付き有料老人ホーム, 介護保険, 介護施設, 介護老人保健施設, 住宅型有料老人ホーム, 新着情報, 特別養護老人ホーム | コメントする

『利用者様インタビュー vol.12』

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は、実際にご相談を受け入居となった方のご家族(以下A様)にインタビューを行わせて頂きました!

A様は自宅で旦那様の介護をされ、自律神経失調症になるほど体にも気持ちにも負担を抱えた生活を続けていました。かかりつけの病院の先生からのすすめで、旦那様が精神科病院に入院できたものの、入院期間は3か月。退院後の生活のことを考えなければなりません。

A様に、施設が見つかるまでのお話をお聞きしました。

■入居前にどんなことに困っていましたか?

夫は食べて寝るだけの生活でしたから、わたし共も、赤ちゃんの世話をするような状況で困っていました。

数時間おきに食べては、寝る。夜中もそういったサイクルなんです。2年ほどそういった生活でした。

週に1回は病院に通院していたので、先生にも相談していたんです。けれど「だんだんそうやって食べて寝るだけになるものだ」と教えられるだけで、どうしたらいいのかはわからないのです。先生からは細かく指導をされなかったので、困りましたね。

■そこで、どう行動されましたか?

先生がよい精神科病院を紹介してくださり「入院した方がいい」という話になりました。すんなりと入院できたので運がよかったな、と思っています。

精神科病院への入院は3か月が目安だったんです。夫を自宅に連れて帰るという状況ではなかったので「退院後どうするか」という問題がありました。

そこで、精神科の先生が山梨老人ホーム紹介センターを紹介してくださったんです。

■山梨老人ホーム紹介センターを利用されてよかった点はどのようなことがありますか?

正直、大変満足しております。

山梨老人ホーム紹介センターの担当の方がとても良い方でした。一生懸命にお話を進めてくださり、けれど強引ではないんですよ。

周りをちゃんと見渡していて「今は細かく説明しよう」「今は見守っていよう」と、こちらへの配慮があり、とても丁寧な対応ですばらしいな、と思いました。わたし共は、夫が退院したあとにどうしようかと困っていて必死でしたから。

病院への入院期間は3か月で、2か月だけ施設を探す猶予をいただいたんです。施設探しの期間が短く、わたしは焦っているんですけれど、担当の方は「もうどこででもいいんじゃないですか」などとわたし共をせかすことはなかったです。

「大丈夫ですよ」と励ましてくれるんですよ。 施設探しは初めてのことで、わからない状態からのスタートでした。病院の先生から、山梨老人ホーム紹介センターを教えていただけて、そして最初から担当の方とつながれて、本当によかったです。

■入居後の生活はどうですか?

じつは、入居後の生活のことは、あまりわからないのです。 施設の方からは「最後までおあずかりします」と、最初に伝えられました。

ここに入居するからには、夫に「自分はずっとここにいるんだ」という気持ちを持ってもらわなくてはならない、と、施設の方はそういう考えでした。

入居して最初の期間、家族は出入りしないように、と言われています。 夫は認知症ですが、家に帰って寝たいとか、自分の部屋にいたい、という気持ちは覚えているんでしょうね。

入院中も「迎えに来い」って夜中に息子へ電話することもあって。夫の「家に帰る」「呼べば家族が来てくれる」という気持ちを落ち着かせないといけないんですね。

そういったこともあって、特別なことがない限り、施設からは連絡がないですね。逆に「おあずかりしましたから、そっとしておいてくださいね」ということだなと思っています。

■入居して改善されたことやよかったことはありますか?

精神的な安心感です。わたし共にしたら、2年近く、赤ちゃんのように夫の世話をしてきたんです。

夜中も忙しくて「なんでこんな生活なんだろう」「なんでこんなことに付き合わされているんだろう」って、そう思っていました。

施設から「面会しないように」と言われたことが、わたしにとってもよかったです。「あぁ、もう夫のことは施設に任せたんだ」という気持ちになれました。

夫が病院に入院していた間は気持ちが休まらなかったんですよ。「いつ病院から連絡があるのかわからない」という気持ちでしたから。のんびりと好きなことはしていられなかったです。

そんな気持ちで過ごしていたら、わたしは自律神経失調症になってしまいました。夜も眠れないですし、真面目に考えすぎてしまうんですよね。

夫が施設に入院して、今は治りましたよ。 わたしは病院の先生から「庭で花を植えるのが体にいいですよ。外の空気を吸って、外で過ごすのが人間の幸せです」と言っていただいたこともあって、今はガーデニングを楽しんでいます。

他にも趣味はあるのですが、庭で時間を過ごす、というのが最大のお薬ですね。庭が広いので花をいっぱい植えて、土をいじって、それが楽しみです。体も動かしますから、いいですよね。精神的に安定して、落ち着いて過ごせていることが1番よかったことですね。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, アンケート, 介護保険, 介護施設, 利用者様インタビュー, 新着情報, 老人ホームの生活 | コメントする

YBS山梨放送「デラ地蔵のヒット祈願」に出演しました!

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

この度、2022年12月9日(金)YBS山梨放送「デラ地蔵のヒット祈願」に出演させて頂きました!見て頂いたみなさま、ありがとうございました!

放送では山梨老人ホーム紹介センターのサービス内容やご利用の流れを

伝えさせて頂きました!!

また、実際にご案内している施設も訪問し中の様子等をご紹介させて頂きました。

ご協力頂いた施設の方々、放送スタッフの皆様ありがとうございました!!

施設探しでお悩みの皆様、私たち山梨老人ホーム紹介センターに是非一度ご相談ください。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, グループホーム, ケアハウス, サービス付き高齢者向け住宅, 介護付き有料老人ホーム, 介護保険, 介護施設, 新着情報 | コメントする

施設探しはどこに相談したらいいの?

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は、「そろそろ施設を探した方がいいのでは?」と思っても、どこに相談したらいいのかわからない、という壁にぶつかることがありますよね。

今回は、施設探しはどこに相談したらいいのか、についてご紹介します。

■相談先1:地域包括支援センター

「高齢者のための相談窓口」として機能している地域包括支援センターに相談してみましょう。ケアマネージャー、社会福祉士、保健師など、専門的な知識を持った職員が対応するので、さまざまな困りごとを相談できます。

地域包括支援センターは全国5000か所以上に設置されています。お住まいの地域のどこにあるかは、市町村の介護保険担当窓口に問い合わせてみましょう。

■ 相談先2:老人ホーム紹介センター

民間の老人ホーム紹介センターに相談するのも1つの方法です。

専門的な知識を持ったスタッフが、困りごとに応じて相談にのったり施設探しをサポートしたりします。無料で利用できるので、まずは気軽に相談してみましょう。

相談先3:医療機関の相談室

病気、怪我などで退院後の生活について相談したい場合は、入院先の医療機関の相談室に問い合わせしてみましょう。

医療ソーシャルワーカーが今後の生活について、アドバイスをしたり相談にのったりしてくれます。 他の医療機関、介護施設などとも連携を取ってくれるので、安心して相談できますよ。

■相談先4:ケアマネージャー

すでに介護を受けているなら、担当のケアマネージャーに相談するのもおすすめです。病状や体調を把握しているケアマネージャーなら、自分の家族に合う施設探しの良き相談者となります。

施設探しを相談するには、さまざまな窓口があります。介護に関する相談が初めてなら、市区町村役場や老人ホーム紹介センター。

すでに介護や入院をしているなら、関わりのある医療機関やケアマネージャーが相談しやすいですね。1人で悩まず、声をかけやすいところに相談してみてくださいね。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, グループホーム, ケアハウス, サービス付き高齢者向け住宅, 介護付き有料老人ホーム, 介護保険, 介護施設, 新着情報, 特別養護老人ホーム | コメントする

『利用者様インタビュー vol.11』

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は、実際にご相談を受け入居となった方のご家族(以下A様)にインタビューを行わせて頂きました!

A様の義理のお母様は山梨県在住で、ケアハウスにご入居中。ご長男ご夫婦であるA様は遠く離れた県外に在住。ケアハウスの入居費用が高く、負担が大きいため施設を変えることを考えたものの、県外からの施設探しは難航します。A様ご夫婦はどのようにして施設探しを進められたのでしょうか。A様にお話をお聞きしました。

■入居前にどんなことに困っていましたか?

まず、一番困っていたのは金銭的なことでした。

母はその当時ケアハウスに入居していたのですが、1か月の利用料は安いときでも14万円、高いときは20万円近くかかっていたんです。

母の年金では足りなかったので、わたしたち長男夫婦がずっと援助していました。仕送りして立て替えていたものの、わたしどもも60歳で定年退職の年齢です。退職後は、非常勤のようなかたちで非正規として働いている状態でした。

母の施設代の援助として年間200万円以上出ていく状態では、この先ずっと仕送りし続けるのは難しい。とてもやっていけない、というのがわかっていたので「金額が安い施設でなんとかならないか……」というふうに施設を探し始めたのです。

それから、困っていたことがもう1つありました。母には糖尿病があり、足も悪くて身体障害者手帳2級もあり、そして認知症の症状も出始めている状態でした。 そのあたりの、母の健康面のケアももう少しやっていただけるような施設がないかな、と困っていたんです。

■そこで、どう行動されましたか?

わたしどもは川崎市に住んでおりまして、夫はここから福島に単身赴任をしているんです。

山梨に住む母とは、とにかく離れて暮らしています。 距離があるので、施設を探すといっても、インターネットで情報を得るとか、わたしの知り合いでケアマネージャーをしている方がいるので、その方に聞くとか、そのような感じでした。

ケアマネージャーをしている知人から「金銭的にも負担が少なく、母の体のケアもしてもらえるところ」ということで「老健(介護老人保健施設)を探してみたら」とアドバイスをいただきました。 それからずっとインターネットで老健を探して、いろいろとピックアップして個別に電話をしたんです。

けれど、母が糖尿病のインシュリンの注射をしているので、ほとんどの施設から「うちでは無理です」と断られました。母は自分で注射をしているのですが……。 その中でも、3か所の施設から「お話を聞きます」と言っていただけて。アポイントメントをとって「では伺います」と話を進めていたときに「山梨老人ホーム紹介センター」を紹介していただけたのです。

そこからは、山梨老人ホーム紹介センターの担当の方に相談したり、自分で施設探しをしたりして並行して進めていきました。 けれど「診療情報提供書」を老健に提出したのですが「この状態では入居できない」とのお返事をいただき、老健への入居も難しいと感じましたね。

わたしたちも来年の3月には非常勤の仕事を退職しなければならない状態でしたので、自分たちの生活だけでもいっぱいになるのがわかっていました。これ以上はお金も出せません。

そこで生活保護の話も進めながら施設探しをしていると、生活保護でも受け入れてくれる施設があるとのことで、担当の方から紹介してもらえたのです。

最初はインターネットで調べるくらいしか方法がなく、遠方なのでちょくちょく下見に行くこともできなかったので、本当に助けていただきました。

■山梨老人ホーム紹介センターを利用されてよかった点はどのようなことがありますか?

担当の方の存在が心強かった点がよかったところです。

施設を探しようがなくて、老健から断られた時点で地域包括センターにも相談したのですが、施設探しは思うようにいかなくて……。

どうやって動いたらいいのかわからないところだったのですが、担当の方が親身になってくださいました。心細い中施設探しをしていたので、わたし自身すごく精神的にゆだねるような感じで、安心できました。

いろんな施設に断られて先が見えない中で、わたしどもも退職というリミットもあって焦っていたんです。

そんな中、山梨老人ホーム紹介センターの担当の方と出会えてよかったです。

■入居後の生活はどうですか?

施設の方や、今母を見てくださっているケアマネさんがとてもいい方なんです。

母も落ち着いて過ごしている、と連絡をいただいています。

■入居して改善されたことやよかったことはありますか?

施設探しに難航していたので、とても助かりました。

わたしは施設に関して専門的な知識がそんなにないですし、施設の種類や、入居条件などわからないことが多い中で情報提供をいただけてすごく参考になりました。

1人で調べていたら解決できなかったです。 距離的に離れている中で、こうやって動いてくださる紹介センターがあったということがとてもよかったことでした。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, アンケート, ケアハウス, サービス付き高齢者向け住宅, 介護保険, 介護施設, 利用者様インタビュー, 新着情報, 老人ホームの生活 | コメントする

老人ホームではどんな一日、生活をおくるのか?

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は、老人ホームでどのような生活をおくるのか「1日のスケージュール」をお伝えします。

■老人ホームごとに差がある?

老人ホームで過ごす1日のスケジュールは、施設ごとに多少違いがあるもののあまり大きな差はありません。

例えば、朝7時に起床、12時に昼食、21時就寝、といった大まかなリズムは同じです。

また、1日の過ごし方も健康状態のチェック、レクリエーション、リハビリ、おやつの時間など、どの施設でも同じように対応しています。

ただし、どのようなレクリエーションをしているのか、どのようなリハビリに取り組んでいるのかなどの詳細は施設ごとに特色や差があるかもしれません。細かい部分は施設のホームページを見たり、実際に見学に行ったりして調べてみましょう。

■老人ホームでのスケジュールとは?

老人ホームの1日の基本的なスケジュールは、おおよそ下記の通りです。

【老人ホームの1日】

7時 起床 8時 朝食 9時 健康状態チェック、体操、リハビリ 10時 入浴 12時 昼食 13時 レクリエーション 15時 おやつ 18時 夕食 21時 就寝

このように、規則正しい生活をおくれるようにスケジュールが組まれています。

細かく説明すると、食事の時間はだた「食事をする」だけでなく、服薬のチェックをしたり、歯磨きなどの口腔ケアをしたりします。

飲み込みがうまくできない方の見守りや介助もしていますよ。

健康状態のチェックやリハビリは、毎日行うことで小さな体調変化にも気づけます。

体調管理のための時間として重要です。 おやつの時間は、談話の時間としてコミュニケーションを取るのも楽しみな時間ですね。季節を感じられるおやつなど、施設ごとに特徴がありますよ。

21時以降の就寝の時間も、スタッフは部屋を巡回したり、寝返りのために体を動かしたり、排泄の介助をおこなったりします。夜中も対応してもらえるので安心ですね。

細かい部分の違いは、ぜひ施設の見学や相談時に聞いてみてくださいね。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, グループホーム, ケアハウス, サービス付き高齢者向け住宅, 介護付き有料老人ホーム, 介護保険, 介護施設, 住宅型有料老人ホーム, 新着情報, 老人ホームの生活 | コメントする

『利用者様インタビュー vol.10』

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は、実際にご相談を受け入居となった方のご家族(以下A様)にインタビューを行わせて頂きました!

A様の義理のお母様は妄想の症状などが出るようになってしまい、ご家族もその対応に限界を感じていらっしゃいました。初めての施設探しで疑問や不安が多い中、弊社のサービスを利用したことで「安心して施設探しを進められた」とおっしゃるA様にお話をお聞きしました。

■入居前にどんなことに困っていましたか?

(義理の)母に、せん妄や妄想の症状が出るようになり、困っていました。

母の言動がおかしくなってしまい、わたしたち家族の気持ちも傷つくことが多くなってしまったんです。その状態が半年ほど続いて、母の妄想が激しくなってしまいました。

家を飛び出した母が隣の家に逃げ込んで「殺される!」って口走るなど……、 とても困っていました。 母は一度思い込んでしまうと、誰が何を言っても聞かない感じでしたね。

例えば、母には妹さんがいるのですが「妹が殺された」って思い込んでしまうと、その誤解がとけないのです。 「妹さんは生きているから、電話してごらんよ」とうながして、電話で妹さん本人が「元気だよ」と言ったとしても、母には通じません。「どうして生きているの?殺されたはずなのに」って、ふりだしに戻ってしまいます。もう、どうしようもなくお手上げ状態でした。

そこで、行政やお医者さんに相談して、入院することになりました。入院後は、お薬で症状が治ったものの退院後に「1人にしてはいけない」と病院から言われたんです。わたしたち家族は仕事をしているので、日中は家を空けています。母のことを自宅でみるのは難しいという状況でした。

■そこで、どう行動されましたか?

退院が決まるということで、その病院のケースワーカーの方から「山梨老人ホーム紹介センター」を紹介していただきました。

施設探しについて、どこに相談したらいいのかわからなかったので、紹介していただけてよかったです。

もともと、入院のきっかけになったのは、病院で働いている娘からの「地域包括センターに相談してみたら?」という提案でした。

相談すると、地域包括センターのソーシャルワーカーの方に、入院するようにすすめられましたね。要所要所でいろいろな方にお世話になりました。

■山梨老人ホーム紹介センターを利用されてよかった点はどのようなことがありますか?

「よかったな」と思うことしかなかったです。

施設探しは初めてのことで、何もわからない状態でのスタートでしたが、すべて教えていただけました。

例えば、要介護や要支援について、そして容態に応じたそれぞれの施設の特徴、場合によっての費用のことなど、たくさんのことを細かく教えていただきました。 小さな疑問から、大きな不安まで、すべて説明していただき、解決しながら進められましたよ。

それから、施設へ見学に行くときも、担当の方が必ず付き添ってくださいました。見学の前後に、いろんなお話もしてくださったので、それが本当によかったですね。

見学をすると、例えば「あの施設は、こういうところがちょっと……」といった引っかかる点がありますよね。 そういったときも担当の方は「そんなものですよ」と言うのではなく「そうですね。そこは気になりますよね。じゃあ、こういう点は、こういった場合の方がいいですね」といったふうに、わたしたちの希望に沿ってお話を進めてくださいました。 寄り添っていただき、施設探しに対して、不満がなかったです。

■入居後の生活はどうですか?

母は入居して半年経ちますが、穏やかに過ごしています。

わたしたちが季節の変わり目にお洋服を届けたり、遠方にいる主人の弟夫婦が面会にきたりしています。

施設の方も「とても穏やかに落ち着いて過ごしています」と伝えてくださいますね。母も安心して過ごしていると思います。

施設には、お医者さんや薬剤師さんが来てくださるので、そのときに母のお薬もいただいています。何かあっても、お医者さんに対応していただけるので安心ですね。

いまのところ、体調も特に問題なく過ごせていますよ。

■入居して改善されたことやよかったことはありますか?

母本人に関しては、ことこまかに「ここがよくなった」とわかっているわけではありません。けれど、わたしたち家族に関しては、変な意味ではなく穏やかな生活を取り戻せた点がよかったです。

不安なく、心配なく、仕事やそれぞれの時間を自分のペースで過ごせていると言いますか……、そのような感じですね。

「解放された」という言い方はおかしいですが「穏やかに過ごせている」ということがとても大きいですね。

母とわたしたち家族では生活時間にズレがあることも多かったんです。例えば、わたしたちは仕事で遅くなったり、朝早かったりしますよね。そういったときでも気にせずに毎日過ごせているので、とても平和だと感じています。

母も、施設の時間が合っていると思いますし、穏やかに過ごせていて本当によかったです。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, アンケート, グループホーム, ケアハウス, サービス付き高齢者向け住宅, 介護付き有料老人ホーム, 介護保険, 介護施設, 住宅型有料老人ホーム, 利用者様インタビュー, 新着情報, 老人ホームの生活 | コメントする

生活保護を受けていても入れる施設はあるのか?

この画像には alt 属性が指定されていません

こんにちは! 山梨老人ホーム紹介センターです。

今回は「生活保護を受けていても入れる施設はある?」についてお伝えします。

■生活保護を受けていても施設には入れる?

「生活保護を受けているから、施設には入居できないかも…」と心配になりますよね。

結論からお伝えすると、生活保護を受けていても、施設への入居は可能です。

しかし「どの施設でも入れる」というわけではありません。まずはケアマネージャーやケースワーカーに相談してみましょう。

金銭面、それから認知症などの症状により入れる施設が異なります。相談することで、適切な施設を紹介してもらえますよ。

■ 生活保護を受けている方が入りやすい施設とは?

生活保護を受けている方が、特に入居しやすい施設は「特別養護老人ホーム(特養)」です。特養は公的な施設なので、民間の施設に比べて費用を安くおさえられます。

生活保護を受けていても入居できるので、経済的な不安がある方も安心です。しかしその反面、人気が高く入居待ちになることもあるので、必ず入居できるわけではありません。

また、入居対象者は要介護3以上といった決まりがある点にも注意が必要です。

特養以外には、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅も、生活保護を受けていても入居可能です。それぞれの施設に入居の条件やメリット・デメリットがあるので、まずはケアマネージャーやケースワーカーに相談してみましょう。

■ 生活保護を受けているときの費用はどうする?

施設に入居することでかかる費用は、家賃、食費、医療費、介護費などです。

それぞれ、生活保護の扶助制度で費用の負担を軽減できます。例えば家賃は家賃扶助、医療費は医療扶助、介護費は介護扶助といった扶助から負担金を支払えます。

それぞれ、上限があったり、都道府県ごとに金額が異なったりするので、どのくらいの扶助があるのか、確認しておくのがおすすめです。 生活保護を受けていても、施設の利用は可能です。あきらめずにまずは相談してみましょう。

【山梨県で老人ホーム・介護施設をお探しなら】
山梨老人ホーム紹介センターは県内の老人ホームのことをどこよりも詳しく知っています。まずは入居をご希望される方の状況を教えて下さい。ピッタリ合ったお住いをご提案致します。

有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウス・グループホームなど老人ホームについてお悩みの方は是非ご連絡下さい。
山梨老人ホーム紹介センター
フリーダイヤル0120-262-174(平日9:00-17:30)

カテゴリー: やまなし老人ホーム紹介センター, グループホーム, ケアハウス, サービス付き高齢者向け住宅, 介護付き有料老人ホーム, 介護保険, 介護施設, 介護老人保健施設, 住宅型有料老人ホーム, 新着情報, 特別養護老人ホーム, 老人ホームの生活 | コメントする